珈琲画像

朝の珈琲は1日を体調良く過ごすうえで欠かせないものである

珈琲を飲むことは毎日の生活の中で欠かせないものとなっています。
朝起きたら必ず飲みます。
朝の一杯は起きたての頭をすっきりさせる効果があります。
起きたてはとても眠たいものです。
仕事のある日は朝起きてから出勤するまで急いで準備をします。
顔を洗い、身だしなみを整えます。
時間に余裕を持って起床すれば良いのでしょうが、ここまでの時間は大慌てになるのが日常です。
時間のない中でも朝食は必ず摂るようにしています。
手間を取らずに簡易的に、しかも栄養の摂れる食べ物として食パンとバナナを選んでいます。
食パンをトースターで焼いている間に珈琲を淹れます。
今は便利なものでインスタントコーヒーであればお湯に溶かして混ぜるだけで香り豊かな味わいのあるものを飲むことができます。
コーヒーメーカーであれば挽きたての豆を入れて、ボタンを押すことによって自動的に抽出させることができます。
抽出中に漂う香りが何とも言えないものがあります。
時間に余裕があれば、ドリップ式で挽きたての豆をお湯でゆっくりと抽出することによって、抽出する過程を楽しむことができ、同時に香りを楽しむこともできます。
朝の珈琲にはその日の時間に余裕があるかないかによってそれに合った淹れ方をすることによって様々な楽しみ方ができます。
どんなに忙しい朝であっても珈琲から出る香りを嗅ぐことによってリラックスした時間を過ごすことができます。
香りには癒しの効果があり、目覚めをさらに良くする効果もあります。
朝の慌しさを一旦止めることができ、慌てることなく落ち着いた時間を過ごすことができます。
その日の気分によって淹れ方を変えることができるのも大きな魅力であります。
同じ飲み物でありますが、淹れ方によって風味が大きく異なってきます。
インスタントコーヒーにおいてもお湯の温度や量、豆の量によっても随分と違ってきます。
飲み方も多様にあり、ブラックで飲むこともできれば、牛乳を入れることによってカフェオレとして飲むこともできます。
砂糖を入れることによって甘くすることもできます。
牛乳と砂糖を入れることによって、子供の頃に飲んでいたコーヒー牛乳として飲むことができます。
牛乳を入れる量を増減させることによって風味の異なったものとすることもできます。
そういう風に様々な飲み方で味わうことができるのも珈琲ならではのものであります。
珈琲をゆっくりと飲むことによって慌ただしかった朝の時間をリセットすることができ、今日1日どういう風に過ごすのか考えることもできます。
ただ飲むだけでなく様々な効果があります。
朝の一杯を飲むか飲まないかでその日1日の体調が随分と違ってきます。
その日1日を体調良く過ごすためにも欠かせないものとなっています。
万が一、時間がなくて飲むことなく1日を始めたとしてもその日1日は体調の良くないこととなります。
朝の一杯はその日のバロメーターとなる大変重要なものです。
珈琲にはカフェインが含まれています。
カフェインによって目覚めを良くします。
目覚めの他にも便通が良くなります。
毎朝の快便のためには欠かせないものです。
腸が刺激され、食後すぐに便通が訪れます。
そのためにも欠かせないものであります。

Copyright(C) 2010 coffee.com All Rights Reserved.