珈琲画像

カフェで珈琲を飲みながら大学の勉強をさせてもらっております

私はよく、カフェで勉強をしていることがあります。
私は今、30代ではありますが、大学で勉強をしているのです。
大学といいましても通信制なので、主に家で勉強するのですが、私はなかなか家の中で勉強をすることに集中ができないため、カフェであれば集中しやすいので、カフェをよく利用させていただいているのです。
そのときに珈琲をオーダーして、飲みながら勉強をするのですが、これがまた捗ることができるのです。
カフェインが入っている飲み物だから、興奮作用の影響で勉強が捗るのかもしれませんし、カフェの雰囲気が落ち着くこともあり、勉強に集中しやすい環境なのかもしれません。
私は珈琲はストレートで飲むこともあるのですが、ちょっとまろやかな味わいを感じたくて、ラテやカプチーノをオーダーすることが多いのです。
きめ細かい泡を乗せたラテやカプチーノを飲みますと、気分もほっこりできて、ちょっと勉強の合間に飲むには最適な飲み物なのです。
それに香りも良いので、気分をリラックスすることもできます。
個人的に好きだから飲むということもありますし、カフェで勉強したいからオーダーして飲むこともあるのですが、でも、心地よい香りに包まれながらの勉強は、やはり集中しやすい環境だと感じてしまいますので、何度もカフェに通って大学の勉強をしてしまいます。
もうカフェで勉強を始めてから5年以上経ちますが、ずっと変わらない心地よい雰囲気を保たせてくれるカフェの環境は、カフェのスタッフも、とても愛想よく接客をしてくれるので、常連のお客を増やしていっております。
大学に通う前から大学で勉強できるようになるための予習を2年間しておりましたので、その勉強をするためにもカフェを利用しておりました。
カフェで勉強するのは大体1時間くらいで、なるべくほかのお客の迷惑にかからないように、長居はしないように心がけております。
そのぶん、1時間勉強している間はしっかりと集中して、大学の授業の内容を把握できるようにしております。
カフェには大体週に3回か4回くらい行っておりまして、そのときに飲む珈琲は1杯だけです。
あとはサンドイッチやケーキをオーダーするのです。
カフェインの力で勉強や仕事など捗らせるために何杯も飲む人がいたりしますが、飲みすぎはやはり体に良くありません。
適量を飲むことで、体も良い方向へと向かわせることができるようになるのです。
なんでもそうですが、体に良い効果があったり、何かと都合の良い効果が出たりするかといいましても、食べ過ぎたり飲みすぎたりしては、かえって体を悪化させて、体に毒を与えることもありますので、なんでも適量が一番良いと考えられます。
カフェに通って珈琲を飲んで、そして大学の勉強に集中をし、そしてまた勉強の合間に珈琲を飲む、このようなやりかたで行なっていきましたら、今では大学の単位を順調に取得することができております。
本当にカフェがあるおかげで、美味しい珈琲も飲むことができて、本当に心がリラックスできる良い場所を見つけることができたと感じております。
まだ、大学を卒業するまで時間がありますので、卒業をするまではカフェに通い続けて勉強をさせてもらっているかと思います。
また、気になる珈琲とお通じの関連性についての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2010 coffee.com All Rights Reserved.