珈琲画像

珈琲は身体にいいこともありますが過剰摂取は気をつけて

珈琲は、大人の飲み物というイメージがあります。
そのため、子供の時には、大人が飲んでる飲み物をだめと言われると、なおのこと、飲みたく感じていたものです。
大人になり、飲んでみました。
やはりおいしいものでした初めて飲んだ時には、少しにがい感じもしました。
しかし、また飲みたいという味でした。
最初に飲んだのはインスタントコーヒーです。
飲みたいときに、すぐに飲めるので、気軽に飲むことができます。
そして種類もいろいろあるので、味を楽しむのも良いです。
そして本格的に飲みたい方には、レギュラーコーヒーがあります。
豆をひいてる時の香りは、何とも言えません。
珈琲というのは香りからも楽しむことができます。
香りがあるからこそ、おいしく感じるということもあります。
しかし、レギュラーコーヒーもいろいろな味があります。
酸味の度合いも違いますし。
コクや甘み、苦みなど味に違いがあります。
1つの飲み物で、これだけいろいろな味があるのも面白いです。
そして、珍しいです。
飲み方も様々で、ホットとして飲むこともあれば冷たく冷やしてアイスとして飲む場合もあります。
そして、ミルクを入れたり、砂糖を入れることにより、味も変わってきます。
1年中飲める飲み物です。
そして、会社で珈琲を飲む人も多くいます。
カフェインが入っていることで、眠気覚ましにもなります。
そして、疲れたときに飲むことで、ほっとできるというのもあります。
そのため、仕事や勉強の作業効率を上げてくれます。
しかし、こんなに多くの国で飲まれている飲み物はないのではないでしょうか。
そして、珈琲は身体に良いと言われていたり、悪いと言われていたりします。
実際にはどうなのでしょう。
コーヒーに含まれる、カフェインが脂肪細胞の中に入って、脂肪を分解する酵素を活性化してくれます。
体内に取り込まれたカフェインが、身体に溜まった脂肪に働きかけ、分解を促進して血中に脂肪酸として放出してくれるのです。
そして、食後に飲みことによって、胃酸を分泌して、消化を助けてくれます。
また、珈琲に含まれるクロロゲン酸は癌や、動脈硬化などの原因物質である活性酸素を、消去してくれる成分を含んでいるといわれています。
そして、何よりカロリーがゼロなのです。
そして、お酒をたくさん飲んだ後にも良いのです。
それは、肝臓の働きを活発にして、アセドアルデヒドの分解を促進し、二日酔いを防止してくれるのです。
しかし、気をつけなければいけないこともあります。
飲むとき、空腹時に飲むと、カフェインが脳の迷走神経を刺激して、胃酸を分泌される働きがあります。
そのために、朝起きたときに、朝食を食べないで眠気覚ましにと飲むことは、胃を痛めてしまいますので気をつけた方がいいです。
もしどうしても飲みたいという人は、ミルクをたっぷりと入れて飲むようにした方がいいです。
その他には、貧血気味の人は、飲み方には気をつけないといけません。
なぜなら、珈琲に含まれるクロロゲン酸が、鉄分と結合しやすいのです。
そのため、貧血の人に必要な、鉄分の吸収が少し悪くなるのです。
そのため、食後にコーヒーを飲むときには、せっかく食事でとった鉄分が失われない、ように時間をおいてから飲むようにした方がいいです。
こちらのコーヒーが一番生産されている所についての記事も興味深いです。

Copyright(C) 2010 coffee.com All Rights Reserved.