珈琲画像

自分の好みの味の珈琲を飲む事によって一息つく事の出来る時間

人によって食べ物の好みも様々であるように、珈琲などの飲み物の好みも人それぞれである事は明白です。
食べ物であっても飲み物であっても口から摂取し、味を楽しむ過程において自分の好みの物であればよりその食事などを楽しむ事が出来るのではないでしょうか。
反対にどれもが自分の好みの味でなければ食事自体を苦痛に感じてストレスを溜めてしまう事になるかもしれません。
同時に味だけでなく、その味の濃さなどについても好みが別れてくる部分があります。
全く同じような味の好みをしている人であっても個人個人で美味しいと感じる濃さには違いがある事も多いのではないでしょうか。
仕事の際の接待などで時々食事を共にする程度の人であれば立場などを踏まえた上でより自分好みの店などに案内するか、或いは相手の好みに合わせるかどうかなどを判断しなければいけない場面もあるかもしれません。
それは待ち合わせなどの際に利用したりもするコーヒーショップなどであっても同じかもしれません。
人によっては喫茶店のような所でも特に一杯一杯をこだわりを持って入れてくれているような所を好む人もいるかもしれません。
しかしまだ別の人であればそういった所は堅苦しく感じ、逆に好まないと考えている人もいるかもしれません。
珈琲を楽しむといった点で人が感じる楽しみ方には違いが生じます。
食事以上に珈琲を楽しみたい場合には、自分の好きな雰囲気の中で好みの味を楽しむ事が出来るかといった部分が重要になってくるのかもしれません。
そういった部分の好みが合う人とは人間性も近い部分がどこかしらあるのかもしれません。
少し人の多いざわついた街のカフェといった雰囲気が好きな人もいるでしょうし、高級感の漂う静かな喫茶店を好む人もいるでしょう。
私はどちらかというと少しざわついている感じの方を好んでいる気がします。
余りにも静かな所では自分のちょっとした話し声でさえも気になってしまう為に神経質になってしまい、どれだけ良い味の珈琲が出てきたとしても逆に落ち着いて楽しむ事が出来ないからです。
しかし田舎の喫茶店などによくあるような、知人同士が長い時間語らいを行っている場という物も苦手です。
確かにそういった場であれば静か過ぎるといった事はないのですが、特に自分が1人でお店に入った際に何ともいえないような孤独感のような物を味わってしまう気がします。
基本的にそういったカフェなり喫茶店に来店する際には1人で行動をする事が好きである私にとってはより多くの人でざわついている都会のカフェの雰囲気が何とも居心地が良いように感じられるのです。
珈琲を楽しむカップなどもマグカップなどの陶器などよりも私は紙コップなどの使い捨て出来るタイプの物の方が好ましいと感じます。
特に潔癖な方ではないのですが、普段は家でそういったカップにて珈琲を飲んでいる為に、カフェなどに来た時くらいは何か新鮮な気分になりたいとより一層感じるからかもしれません。
最近では質の良い珈琲が自宅でもカフェの味で楽しめるような機械なども色々と発売されています。
しかしそういった家庭で楽しむ事が出来る物がどれだけ進化したとしても、やはり外へ出て家とは違う雰囲気の中で楽しむティータイムは何か普段とは違った時間を楽しむ事へと繋がるのではないでしょうか。

Copyright(C) 2010 coffee.com All Rights Reserved.