珈琲画像

珈琲を飲むことで効果が期待される効能

私はいつも珈琲を飲んでいます。
日本には珈琲愛好家の方も多くいます。
例えば、朝起きた時に必ずブラックコーヒーを飲むという方、朝ごはんと一緒に珈琲を飲むという方、そういった方にとって珈琲は生活になくてはならない必需品になっていると思います。
珈琲には入れるのに便利なインスタントコーヒーや、きちんと豆から挽くコーヒー豆など様々な種類がありますが、私が好きな珈琲はコーヒー豆です。
インスタントコーヒーの便利さにもとても惹かれますが、やはり豆から挽くコーヒーの美味しさはその数倍にもあがると思います。
コーヒーを豆から挽くには、専用の機械が必要です。
また、機械によって惹かれた豆にも、細挽き、中挽き、荒挽きといったように様々な種類があります。
また、家庭用で人気のある手で豆を手動で挽く手回し型の機械と、電動プロペラで自動的に豆を挽く電動プロペラ型がありますが、どちらにもメリットデメリットがあります。
手動回し型のメリットは丁寧に挽いているため味も美味しくなりますが、手動による豆挽きのため時間がかかってしまう事がデメリットです。
電動プロペラのメリットは、全てスイッチひとつの電動で行うため時間は大幅に短縮されますが、挽き方にバラツキがあることがありそこがデメリットです。
手動で豆を挽いてみたい方には手回し型、朝時間のない時などにコーヒーを飲むことが多い方などには電動プロペラと自分にあったものを選ぶといいと思います。
どちらも安いものは2000円後半から7000円程度で買える為、コーヒーを自分で挽いてみたい方や、挽きたてのコーヒーを味わってみたい方にはオススメです。
コーヒーにはこういった「自分で楽しむ」方法もありますが、その中でも私が普段コーヒーを飲んでいて気になったのがその効能です。
コーヒーには睡眠を妨げ脳を活性化してしまう成分や、あまり飲みすぎてしまうとイライラしてしまう事もあります。
私もコーヒーを一日に何度も飲んでいた頃はなぜかイライラしてしまう事がありました。
コーヒーにはカフェインが多く含まれているため、2、3杯の摂取は体や脳にいいとされています。
実際に私も仕事中や大切な作業を行いたい時にコーヒーを飲むと集中力が途切れる事なく作業をすすめる事が出来ました。
集中力を高めたい時や頭を使いたい時にコーヒーを飲むと気分がリフレッシュされ脳の回転も早くなります。
また、眠いたい時にコーヒーを1杯でも飲むと脳が目覚め眠気も解消する事が出来ます。
しかしあまり飲みすぎてしまうと過度なカフェイン摂取により体にいいとはされていません。
そして、最近コーヒーに新たな効能があると発表されました。
それは、1日にコーヒーを6杯飲むと脳卒中や、前立腺がん、子宮がんの予防にコーヒーが効果的だということです。
私は普段、朝起きた時にブラックコーヒーを一杯飲み気分をリフレッシュさせています。
そして準備を済ませてから朝ごはんにとりかかり、パンとともに砂糖入りのコーヒーを飲みます。
また仕事場ではコーヒーが自由に飲めるようになっているため何度もコーヒーを飲んでいます。
6杯は飲んでいますが、砂糖やクリープなどの多様は脳卒中などの予防にはいいとされていません。
こういった結果が出たので、これからは砂糖やクリープの量や回数を控えていきたいです。

Copyright(C) 2010 coffee.com All Rights Reserved.