珈琲画像

地域の特殊な珈琲喫茶の文化について

モーニングという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
モーニングは、地域特有の喫茶の文化であります。
通常、喫茶店に行きコーヒーを頼むと、コーヒーが出されます。
しかしながら、モーニングという文化のある地域では、朝に限って珈琲一杯の料金で様々なサービスを受けられます。
基本的には、コーヒーを注文すると、コーヒーに加えてゆでたまごとトーストがサービスで付いてきます。
ゆでたまごとトーストはサービスなので、お会計時にはコーヒーの料金を支払えばよいのです。
お店によっては、卵料理やサラダ、そしてヨーグルトなどがついてくることがあります。
このモーニングというサービスは、地域特有の喫茶文化であります。
コーヒーいっぱいの値段でトーストとゆでたまごやサラダが食べられるので、朝食代わりに喫茶店を利用する客の姿が目立ちます。
出勤前に喫茶店で朝食を済ませるサラリーマンの姿もしばしば目にします。
モーニングは、早朝から10時頃まで行なっている喫茶店がほとんどであります。
10時以降は喫茶店の混雑ぶりもおさまってきて、今度は子どもを幼稚園に送り終えたお母さんたちで賑わうようになります。
モーニングは終了しているので、コーヒーや冷たい飲み物を飲みながら話に花を咲かせる主婦の姿を目にするようになります。
モーニングは人気が有るために、地元の人でよく賑わっています。
地元の喫茶店であれば、憩いの場としても機能しています。
地元のお年寄りたちが朝、喫茶店に集まってモーニングを食べながら、世間話に花を咲かせる姿を目にします。
モーニングは、地域特有の喫茶店文化であります。
これが別の地域に行くと、卵料理やトーストは別料金になるということも珍しいことではありません。
珈琲一杯の料金で、ゆでたまごやトーストがついてくるのは、うれしいサービスです。
自分で朝食を作るのも良いですが、たまに喫茶店のモーニングが食べたくなります。
平日の朝は、お年寄りたちで賑わう喫茶店ですが、休日になると家族連れで喫茶店にやってくる人の姿が目立つようになります。
平日と休日、そして時間帯によって喫茶店の利用客の年齢層がガラリと異なります。
喫茶店で顔見知りを見かけると、挨拶を交わしたりお一人様の場合はテーブルに読んだりすることがあります。
また、喫茶店の店主とも顔なじみであることから、一人でふらりとやってきてカウンター席に座り、店主と他愛もない話をするお客さんもいます。
お客さん同士、同じ喫茶店に通ううちに顔見知りになることがあります。
カウンター席であれば、数回隣の席になればどちらと言うことなしに会話を始めることがあります。
喫茶店の中は、コーヒーの良い香りで満たされています。
お店が忙し時は、セルフサービスでおしぼりとお冷を用意することがありますが、誰も文句をいうことがありません。
独特の喫茶店文化の中で、いつの間にかチームワークのようなものが出来上がります。
お昼になると、近くの職場で働いている人が昼食を食べに来ます。
喫茶店定番のメニューが並んでいます。
お昼はランチセットがあるので、コーヒーが含まれていることがあります。
食後の珈琲で一服した後は、午後の仕事に戻っていきます。

Copyright(C) 2010 coffee.com All Rights Reserved.