珈琲画像

一杯の珈琲から始まる豊かな休日の朝

休日の朝はゆっくりと目覚めます。
まずすることといえば、珈琲を入れることであります。
休日の朝は時間的な余裕が有るため、じっくりと時間をかけながら朝食を用意します。
朝食と言うよりも、ブランチといったほうが正しいのかもしれません。
コーヒーは、平日は時間がないのでコーヒーメーカーで淹れますが、休日は熱いお湯を沸かし、じっくりと時間をかけながら淹れます。
お湯をゆっくりと注ぐと、とてもよい香が部屋いっぱいに充満します。
朝の心地良い目覚めは、この丁寧に入れたコーヒーから始まるのです。
ゆっくりと時間をかけながら入れるコーヒーは、味わい深く、そして香りが高いのが特徴です。
たっぷり入れるとコーヒー自体が薄くなってしまうため、少ない量で濃いコーヒーをつくります。
濃いコーヒーにあうのは、温めたミルクです。
温めたミルクをカップに注ぐと、カフェオレが出来上がります。
カフェオレは、冬の寒い日は体の芯から温まることができます。
夏の暑い日には、牛乳をそのまま注ぎ、小売を適量入れてアイスカフェオレにします。
カフェオレはどこかホッとすることが出来る味わいです。
朝食に用意するのは、サラダとパンが基本です。
卵を使ったベーコンエッグや目玉焼き、そしてスクランブルエッグとも相性がとても良いです。
休日の朝を充実させるために、前日はベーカリーでパンを購入しておきます。
仕事の帰りにデパートに立ち寄って、パンを購入することもあります。
フランスパンは、そのまま食べても、サンドイッチにして食べても美味しくいただくことが出来る優れ物です。
フランスパンには、ハムやチーズ、そしてレタスなどを挟んでバケットサンドにします。
焼きたてのパンはとてもよい香がするため、食欲をそそります。
休日は昼食を兼ねたブランチになるため、しっかりと食べます。
時間に余裕があれば、早起きをして地元の朝市に出かけることもあります。
地元の朝市では、とれたての新鮮なたまごや新鮮な野菜がお手頃な価格で手に入ります。
地元の農家の方が育てた美味しい野菜は、有機野菜なので体にも優しいです。
有機野菜は野菜の味がしっかりしているため、野菜の味そのものを楽しむことができます。
野菜の味が濃いので、味付けはシンプルにします。
ドレッシングは自家製のものを使用します。
塩コショウとワインビネガー、オリーブオイルだけのシンプルなドレッシングです。
シンプルなドレッシングなので、野菜の味を活かすことができます。
朝食の準備が一段落したら、パンが焼きあがるのを待ちながら珈琲を丁寧に淹れます。
ゆっくりとお湯を注ぐと、良い香りが部屋に充満します。
パンが焼き上がれば、ブランチの出来上がりです。
ブランチには音楽が欠かせません。
音楽をかけながらいただく朝食は、とても贅沢であります。
平日は忙しくて簡単に済ませてしまう朝食ですが、休日にはブランチにすることで、贅沢な時間を味わうことができます。
気持ちに余裕があれば、朝市で季節の花を購入し、花を活けると部屋の中が華やかになります。
ちょっとした心の余裕が、生活を豊かにしてくれます。
豊かな生活は、休日の朝食にこだわると良いでしょう。
コーヒーが朝食を豊かにしてくれます。

Copyright(C) 2010 coffee.com All Rights Reserved.